大河戸準教授が日本臨床細胞學會で最優秀論文賞

保健學部臨床検査技術學科の大河戸光章準教授が、2021年6月5日に幕張メッセで開催された 第62回日本臨床細胞學會総會で最優秀論文賞(英文誌)を受賞しました。
日本臨床細胞學會は、醫師と細胞検査士など1萬人を超える會員で構成されています。最優秀論文賞は、日本臨床細胞學會雑誌もしくは Acta Cytologicaに掲載された臨床細胞學分野の論文の中から最も優れた論文として英文誌1編、和文誌1編が毎年表彰されるもので、大変栄譽ある賞です。

大河戸準教授の受賞論文は「Okodo M, et al. (2020) Koilocytic changes are not elicited by human papillomavirus (HPV) genotypes with higher oncogenic potential. J Med Virol 92:3766–3773」です。コイロサイトは1950年代に発見され、HPV感染を示唆する細胞として子宮頸部細胞診で現在でも重要視されています。HPVの中で子宮頸がんを特に誘発しやすいタイプとして16型、18型、52型などの遺伝子型が知られていますが、コイロサイトはこれらの遺伝子型を含むすべてのウイルス増殖によって引き起こされる細胞変性だと信じられて來ました。しかし、本研究では、39種におよぶHPV遺伝子型の獨自のタイピング法とmicrodissection技術を開発して解析した結果、コイロサイトは子宮頸がんを誘発しにくい遺伝子型をもつHPVによって引き起こされる変化であることを明らかにしました。

コイロサイトの存在が、子宮頸がんを誘発しにくい病変を意味することを立証した功績は大きく、細胞診による前がん病変の予後推定に貢獻すると期待されます。

受賞した大河戸準教授は、「HPV感染女性の多くは頸がんを発癥しません。科學的根拠のない不安を持たないためにも、予後を推定できる指標を明らかにしたいです。研究を支援いただいた多くの先生方に心から感謝します」と話しています。

保健學部臨床検査技術學科教授 島田厚良

2021.6.16

草蜢社区在线观看免费下载