醫學部生が外科手技に関する調査を実施、學會で発表へ

醫學部の古田めぐみさん(6年)、中村憐さん(4年)、青山稔さん、大谷桃香さん、大石崇裕さん(いずれも2年)の5人は、外科手技に関する2つの調査を行いました。

一つは、皮膚縫合練習の素材の違いによる教育効果の調査です。外科手技を自主練習する同好會の參加學生20人を対象に、豚皮と人工皮膚(ポリビニルアルコール)を素材とした縫合練習の前後に手技評価を行い、練習素材の違いが評価にどう影響するかを調べました。
もう一つは、醫學部臨床実習における外科手技體験実習に関する調査です。5年生94人を対象に行われ、內視鏡的手技を修練するためのFLS(Fundamental laparoscopic surgery)の體験実習を通して対象者のサーベイランス(內科?外科系志望動向)と成績を調べました。

2つの調査結果は、今年8月に開催する第120回日本外科學會定期學術集會(Web開催)で発表します。5人を代表して、中村さんが「皮膚縫合練習の素材の違いによる教育効果の調査」を、古田さんが「臨床実習における外科手技體験実習に関する調査」をそれぞれライブで発表します。

學生の指導にあたる呼吸器?甲狀腺外科の田中良太準教授は、「5人の學生は、自分たちの學びの中から課題を見つけ、現在もなお調査?研究の活動を続けています。8月の學會はWeb開催となりましたが、當日は2人の學生がライブで発表し議論に參加する予定です。彼らの成果は今後の臨床実習プログラムの充実に寄與するものと確信しています」と話しています。


2020.7.8

草蜢社区在线观看免费下载