指定難病「自己免疫性肺胞蛋白癥」の病因解明 新しい治療法を開発

 呼吸器內科の石井晴之教授と小田未來任期助教が分擔研究者となって行われてきた、日本醫療研究開発機構の難治性疾患実用化研究事業「自己免疫性肺胞蛋白癥に対する酵母由來組換えGM-CSF吸入の多施設共同醫師主導治験」の成果が9月5日號の「The New England Journal of Medicine」 で発表されました。
 これは新潟大學醫歯學総合病院 臨床研究推進センター中田 光教授らを中心として行ってきた研究で、自己免疫性肺胞蛋白癥に対し、サイトカインであるGM-CSFを吸入すれば、治療に効果があることを世界で初めて科學的に証明しました。
 自己免疫性肺胞蛋白癥とは、肺がうまく酸素が身體に取り込めず呼吸困難を発生したり、咳や痰、発熱などの癥狀をきたすこともある、指定難病の疾患です。
 研究の治験では、杏林大學を含む全國12施設の呼吸器內科醫が共同で自己免疫性肺胞蛋白癥患者から治験協力の同意を得て、6ヶ月間のGM-CSF(実薬)または偽薬の吸入ののち、偽薬群の患者を含め4ヶ月間の治療を行ってデータを集め、解析しました。
 これまで肺胞蛋白癥の治療は、患者への負擔が大きい全肺洗浄法が標準でしたが、本研究成果は、患者にとって負擔が少なく、自宅での治療が可能となる新しい治療法を示すことができました。
 石井教授は「今回の成果は、難病の稀少疾患をもつ患者さんにとって難病克服への期待につながるものではないでしょうか」と展望を語っています。

2019.09.13

<center>石井教授</center>

石井教授

草蜢社区在线观看免费下载