日本消化器免疫學會で三好學內講師が學術奨勵賞を受賞

 醫學部消化器內科學教室の三好 潤學內講師が、8月1日と2日に京都で開催された、第56回日本消化器免疫學會総會で學術奨勵賞を受賞しました。本會は、消化器疾患と免疫にかかわる臨床研究、基礎研究を発表、議論する歴史ある學術集會です。毎年、全國から優れた研究成果が報告され、活発な討議が行われています。
 三好學內講師は、「周産期母體への抗生剤曝露により子に生じる腸管dysbiosis、免疫発達異常、炎癥性腸疾患リスクの上昇」という演題で発表を行いました。今回の研究は、周産期、幼少期の抗菌薬使用と炎癥性腸疾患発癥リスク増加が関連するという疫學研究から著想を得たものです。ヒトでの観察研究では関連性は示すことができても、因果関係?メカニズムまでは言及できません。そこで、三好學內講師は、この疫學的知見を模倣するマウスモデルを世界で初めて報告し、その臨床経過、免疫発達、腸內細菌など微生物の構成や機能の解析を行いました。
 抗菌薬は多くの妊産婦、子ども達の生命を救っている大切な薬剤です。醫學的に必要と判斷される場合には適切に使用するべきです。一方で、抗菌薬が不要な狀況では、むやみに使用すべきではないと考えます。耐性菌の問題もありますし、三好學內講師の研究の他にも、幼少期の抗菌薬使用と喘息や肥満との関連を示唆する報告があります。まだまだ考えるべきことは多いように思われます。
 當教室では、今後もヒトと微生物の構成や機能の相互関係を切り口とした研究をすすめてまいりたいと考えております。ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。


     久松教授と三好學內講師(右)

     久松教授と三好學內講師(右)

2019.8.10
醫學部消化器內科學教室教授 久松理一

草蜢社区在线观看免费下载