保健學部 中島章夫準教授 日本醫療機器學會大會で著述賞を受賞

著述賞を授與される中島準教授(左)

著述賞を授與される中島準教授(左)

 保健學部臨床工學科の中島章夫準教授(先端臨床工學、醫療機器開発)は、6月13日から15日まで大阪國際會議場で開催された「第94回日本醫療機器學會大會」で、2018年度 著述賞を受賞しました。
 受賞対象の書籍は、『最新臨床検査學講座 醫用工學概論』(醫歯薬出版株式會社、2018年3月発行)で、杏林大學名譽教授の嶋津秀昭 元保健學部教授とまとめたものです。
 本書は、1987年に出版された『醫用工學概論』の改訂版です。『醫用工學概論』は、醫用工學や臨床工學を學ぶ者の教科書として長年使われてきました。改訂版は、図版を多く取り入れるなどして高度化?複雑化する醫療機器の基礎知識をわかりやすくまとめたほか、新たに「醫用電子回路」の章も加えられました。
 中島準教授は、「改訂版では、教育?研究の現場で得た知見を、わかりやすくまとめました。臨床検査技師を目指す學生さんだけでなく、醫療工學を學ぶ多くの學習者の助けになることを望んでいます」と話しています。

2019.6.27

草蜢社区在线观看免费下载