保健學部 木村雅彥準教授 日本熱傷學會學術奨勵賞を受賞

 保健學部理學療法學科の木村雅彥準教授が、2018年度「日本熱傷學會學術奨勵賞」を受賞しました。
 この賞は、熱傷治療に関する我が國最高峰の學會である日本熱傷學會が、學術誌「熱傷」に掲載された論文の中から毎年選考します。今回は木村準教授の論文のみが受賞論文として選出され、5月22日から24日まで北九州市小倉で開催された第45回日本熱傷學會総會學術集會において授賞式が行われました。

 木村準教授の受賞論文は「熱傷患者に対するリハビリテーションに関する診療ガイドラインの現狀」(熱傷 44巻3號 pp109-119. 2018.09)で、我が國の重癥熱傷診療に攜わる第一線の理學療法士5名による共同研究の成果を筆頭著者としてまとめたものです。重癥熱傷患者に関する診療ガイドラインやシステマティックレビューが各國から発表されていますが、これらに対して、ガイドラインの質を吟味する評価ツールを用いて客観的かつ多角的な評価を行い、我が國の熱傷診療ガイドラインには現在は未だ収載されていないリハビリテーションに関する項目やクリニカルクエスチョン(CQ)を盛り込むことを提起する內容です。この著眼點の新規性や先見性に加えて、今後の學會ガイドラインに対する意義深い方向性を與えたことが、日本熱傷學會において高く評価されましたたものと考えています。

 木村準教授がこの日本熱傷學會學術奨勵賞を受賞するのは、本學醫學部付屬病院リハビリテーション室勤務時代に続いて2度目です。木村準教授は、「病院勤務時代の熱傷診療を通して、常に困難な目標に対してチームの総力を結集して挑み続けることで、立ちはだかる障壁に穴を穿ち前に進むことを教えていただきました。ご指導ならびにご協力をいただきました尊敬するすべての皆様に心より感謝を申し上げます。今後も熱傷診療の質の向上に貢獻できるよう努力します」と話しています。

理學療法學科教授 中野尚子

2019.5.30

草蜢社区在线观看免费下载