• 杏林大學トップ
  • お知らせ
  • 醫學部生化學教室(今泉美佳教授)の研究グループ「インスリンを効率よく分泌させる仕組み」を発見

醫學部生化學教室(今泉美佳教授)の研究グループ

「インスリンを効率よく分泌させる仕組み」を発見

 醫學部生化學教室の今泉美佳教授の研究グループは、山梨大學醫學部生化學講座の大塚稔久教授の研究グループと共同で、膵臓から分泌され、血糖値の調整機能を持つインスリンが効率よく血管に分泌される仕組みを初めて発見しました。
 血中グルコース濃度(血糖値)を降下させる唯一のホルモンであるインスリンの分泌に障害が生じると、慢性的な高血糖となって糖尿病を発癥します。世界的に糖尿病の大部分を2型糖尿病が占めますが、特に日本人の2型糖尿病の発癥は、このインスリンの分泌障害に起因すると考えられています。  
 インスリンは膵臓のランゲルハンス島β細胞から分泌されますが、本研究グループは、「アクティブゾーンタンパク質ELKS(エルクス)」と呼ばれるタンパク質のひとつが、インスリンを血管へ効率良く分泌させる機能を持つことを、モデルマウスを使った実験を通して初めて発見しました。
 この研究の成果により、糖尿病の病態の解明だけではなく、「ELKS」の機能を活用した新しい糖尿病治療薬の開発につながることが期待されます。
 この研究は自治醫科大學、京都大學、埼玉大學、新潟大學との共同研究として、米國の學術誌 ?Cell Reports」に1月29日付けで掲載されました。

詳細はプレスリリースをご參照ください。


2019.1.30

草蜢社区在线观看免费下载