外國語學部の稲崎さんと河村さん、日本文化を伝える英語プレゼンコンテスト本選出場へ

 外國語學部の稲崎將也さん(4年生)と河村春妃さん(3年生)が、12月15日、京都外國語大學で開かれる「第12回森田杯?英文毎日杯 ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト:地域から発信する日本文化」に出場します。

 コンテストは全國の大學生、短期大學生、専門學校生などを対象に行われます。予選として、先月までに、発表の英文要旨と録音された音聲による審査が行われました。稲崎さんと河村さんのプレゼンテーマは、「Kinpaku (Gold leaf)」。2人は予選を突破し、本選に出場できる10組に選ばれました。本選は、プレゼンテーションの內容、リサーチ?スキル、英語の伝達力が主な審査対象となります。

 Kinpaku (Gold leaf)をテーマに選んだ理由について稲崎さんは、「海外にGold leaf自體は存在しますが、日本の”金箔”は使われ方が様々です。私たちはこの點に注目し、金箔は日本文化を大いに表現できる伝統品の一つだと思いました」と話しています。そして、「大學生として4年間、英語に関して誰よりも努力をしてきたという自負があります。コンテストはその集大成として、精一杯がんばりたい」と意気込みを語っています。
 プレゼンテーション資料を作成するため、金箔について調べた河村さんは、「専門用語や伝統的な工程等を英訳するのが難しかった」と語る一方で、「學校を代表して大會に臨むことを考えると、とても緊張します。不安もありますが、坂本ゼミナールで培ったプレゼンスキルを十分に発揮できるよう頑張ります」と今の気持ちを話しています。

2018.11.21

草蜢社区在线观看免费下载