第三內科學教室 渡邉助教が日本消化器內視鏡學會総會で若手奨勵賞を受賞

 11月1日から4日までJDDW2018が神戸コンベンションセンターで開催されました。
 このうち第96回日本消化器內視鏡學會総會で、消化器內科(醫學部第三內科學教室)の渡邉俊介助教がデジタルポスターセッションで若手奨勵賞を受賞しました。演題名は、“膵充実性腫瘍に対するProCore 20Gの有用性と安全性の検討”で、現在急速に進歩している超音波內視鏡下生検(EUS-FNA)の手技の発展に寄與する功績が認められたものです。

 渡邉助教は、「ご指導頂いた土岐真朗先生、久松理一教授をはじめ、多くの先生方にご協力頂いた結果と考えております。今後も患者様のためになるような研究をしていきたいと思います」と語っています。

2018.11.7

草蜢社区在线观看免费下载