大學院の桶田璃緒さん,アジア核醫學技術學會でBest Presentation Awardを受賞

 第8回アジア核醫學技術學會が10月27日、韓國のブンダンソウル大學病院で開かれ、保健學研究科保健學専攻診療放射線學分野博士前期課程1年の桶田璃緒さんがBest Presentation Awardを受賞しました。
 桶田さんの発表演題は、「Monte Carlo simulation of the effect of phantom size and structure on 99mTc SPECT quantification」(核醫學畫像定量化に被検體のサイズと構造が與える影響-モンテカルロシミュレーションによる検証-)です。この研究で桶田さんは、SPECT畫像再構成において重要な散亂線補正法の1つ“effective scatter source estimation (ESSE)法”の問題點をコンピュータシミュレーションによって検証し、改善點を明らかにする実験結果を報告しました。SPECT畫像再構成ではデータに不確定要素が多く含まれるため、理論的な補正をすることで、正確な畫像のみならず臨床的に有意義な定量値を提供できます。本研究は畫像再構成を行う上で大変に有意義な結果が示されました。

 受賞について桶田さんは「表彰式で自分の名前が呼ばれ大変驚きました。指導いただいた橋本教授、そして山本教授はじめ多くの先生方から貴重なアドバイスをいただき、このような大変光栄な賞を受賞できました。まだ解明すべき部分が沢山ありますが、今回の経験を糧に今後も研究に邁進して參ります」と話しています。

表彰狀を受け取る桶田璃緒さん(中央左)。発表や質疑応答は全て英語で行われました。

表彰狀を受け取る桶田璃緒さん(中央左)。発表や質疑応答は全て英語で行われました。

2018.11.9

草蜢社区在线观看免费下载