船越醫師が日本消化器病學會関東支部例會で研修醫奨勵賞

 本學醫學部初期研修醫の船越早織醫師は、7月14日に東京千代田區の海運クラブで開催された第350回日本消化器病學會関東支部例會で研修醫奨勵賞を受賞しました。
 日本消化器病學會関東支部例會は、若手消化器病醫の登竜門として開催され、優秀演題に対し奨勵賞が授與されます。第350回の例會では、研修醫セッションの演題が24題寄せられ、5名が奨勵賞を受賞しました。
 船越醫師は、「集學的治療が奏功しconversion surgeryを行った膽嚢癌の一例」と題し、切除不能であった膽嚢癌に対し施行した新規化學療法が奏功し、根治切除を施行できた癥例を報告しました。
 膽嚢癌はいまだ予後不良な癌であり、化學療法奏功例に対する、化學療法と外科手術を組み合わせる「conversion surgery」も報告例が少なく、その有効性はいまだ議論の余地があります。この発表は新規化學療法を用いた膽嚢癌に対する集學的治療の成功例として報告しました。落ち著いた発表と質疑応答が高く評価され、今回の受賞となりました。
 受賞を受けて船越醫師は、「初めての學會発表で緊張と不安の中、無事質疑応答までやり遂げることができ、このような賞をいただけたことを大変光栄に思います。ひとえに発表の機會をくださり、サポートしていただいた消化器外科の先生方のおかげと感謝しております。この結果に甘んじることなく、次のステップに向け邁進いたします」と話しています。

船越醫師(左)<br>峯 徹哉日本消化器病學會関東支部長(東海大學消化器內科教授)と

船越醫師(左)
峯 徹哉日本消化器病學會関東支部長(東海大學消化器內科教授)と

指導醫の鈴木裕講師(左)小暮正晴助教(右)と

指導醫の鈴木裕講師(左)小暮正晴助教(右)と

2018.07.19
醫學部外科學教室(消化器外科)

草蜢社区在线观看免费下载