日本産科婦人科學會學術講演會で渡邉醫員が優秀日本語演題賞受賞

 5月10日から13日まで仙臺で開催された第70回日本産科婦人科學會學術講演會で、産科婦人科學教室の渡邉百恵醫員が優秀日本語演題賞を受賞しました。
 受賞の演題は「卵巣內膜癥性嚢胞における薬剤抵抗性に関する新規バイオマーカーのプロテオミクスによる探索」です。近年増加の傾向にあると言われている若年女性の卵巣內膜癥性嚢胞は手術療法を行うべきか、薬物療法で保存的に治療するべきかの方針決定に難渋する事がありますが、本研究では、方針決定の判斷目安となる治療抵抗性や癌化のリスクの高い、いわゆる「ハイリスクな癥例」を抽出するための、新たなバイオマーカーとなるタンパクを解析した點が高く評価されての受賞となりました。
 渡邉醫員は受賞を受けて、「このような賞を頂くことができ大変光栄です。小林陽一教授をはじめとする諸先生方にご指導いただき感謝申し上げます。將來的に臨床に応用できるように、今後もさらに研究を深めていきたいと思います」と話しています。

<center>賞狀を受け取る渡邉醫員</center>

賞狀を受け取る渡邉醫員

<center>他の受賞者と共に(右から2番目)</center>

他の受賞者と共に(右から2番目)

2018.7.4

草蜢社区在线观看免费下载