オンライン講座「社會のしくみ ~社會保障を學際的に考える~」受講生を募集中

 オンライン無料講座を提供する「JMOOC」で、2017年1月から総合政策學部教員による「社會のしくみ ~社會保障を學際的に考える~」講座を開講します。
 「JMOOC」は、オンラインで公開された無料の講座を誰でも受講することができ、修了條件を満たすと修了証が取得できるMOOC(MOOCs)というアメリカで始まった教育サービスの日本版です。

 総合政策學部では、1つのテーマを法律、政治學など複數の學問分野から多角的に考察する「學際」という視點を重視した教育を行っています。
 この資源を生かしたオンライン講座の第1弾、「社會のしくみ -規制を學際的に考える-」を2016年1月に開講しました。 
 第2弾となる本講座では、社會保険?公的扶助?社會福祉?醫療?老人保健?住宅?雇用?失業といった多數の社會保障問題について、若年層の置かれている狀況などにも注目し、今後の日本社會が直面する幅広い課題について解説します。


【講座の紹介動畫↑】

【講師】田中信弘教授(コーポレート?ガバナンス)、知原信良教授(法人稅)、岡村 裕準教授(高齢者の介護政策)、糟谷 崇講師(アーキテクチャと企業構造)、木暮健太郎準教授(現代民主主義理論)、北田真理講師(民法(家族法))、松井孝太講師(アメリカの政治経済)

【受講期間】2017年2月7日(火)~ 3月14日(火)各週5回×4週(1回10分程)

【講座內容】第1週:イントロダクション 社會保障
          社會保障の基本的知識や現在の狀況について講義を行います。
      第2週:高齢者?家族に関わる社會保障について講義を行います。
      第3週:労働者?若者に関する社會保障について講義を行います。
      第4週:政府?自治體の取り組みについて講義を行います。

【反転學習(登校)】3月開催予定

【受講料】無料

【対象】年代を問わず社會保障に関心のある方、社會保障に関する基礎知識を身につけたい方

【登録受付期間】10月7日~2017年3月14日(火)15時

●講座內容の詳細?登録方法は こちら


2016.11.04

草蜢社区在线观看免费下载